ビットコインを始めたい初心者の方への解説

こんにちわ、清原です。今回は今流行の「ビットコイン(仮想通貨)」について、あれこれご説明したいと思います。初心者向け解説となりますので、既に取引をされている中上級者はそっ閉じでお願い致します。

 

ビットコインとはなんぞや!!

ビットコインとは仮想通貨です。仮想通貨はビットコイン以外にも沢山ありますが、一番代表的な仮想通貨がビットコインという覚えで問題ありません。またそれらの分類もビットコインとアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)と分類されています。仮想通貨・・・・仮想通・・・・仮想・・・・。もうこう呼ぶのも面倒ですね。

仮想通貨=お金

とのイメージで全く問題ないです。「仮想」という言葉に少し抵抗が有る方も多いと思いますが、仮想通貨は「お金」ビットコインは「お金」のイメージで全く問題ありません。そうなんです。「お金」なんです。

 

どこで仮想通貨は買えるの?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
今から仮想通貨を買う!ビットコイン取引を始めたい!という方上記のbitFlyer(ビットフライヤー)さんでまずは口座を開設しましょう。口座開設は無料になりますビットフライヤーさん以外に様々な業者さんはありますが、「安心」を第一に考えるのであれば知名度NO.1のbitFlyerさんがおすすめです。大手銀行と同じで他業者の口座を開設し複数所持することもできますし、自分自身で管理することもできますが、それらはご自身が「中、上級者になったんじゃないかな?」と思えるようになってから行うようにしても遅くないと思います。ので今回は1社のみのご紹介にいたします。兎にも角にも、口座を持っていないと何も始まりませんので口座をお持ちでない方はまずは口座開設を。

 

ビットフライヤーって何?

ビットフライヤーなどの交換所、取引所は現実世界で言う(現実世界にビットフライヤーさんは存在しています)みずほ銀行さんや三井住友銀行さん等に似ている「仮想通貨世界での銀行」と考えて問題ありません。その取引所と呼ばれるビットフライヤーさんなどの「銀行」でビットコインを買ったり売ったり送ったりします。何度も言いますが、口座がないと何もできません。また、口座開設は無料なので試しに登録すると言った感じでも全然問題ありません。今のところビットフライヤーさんはおそらく日本でNO.1の知名度になりますので安心して開設できるのではないかと思います。

 

口座開設に必要モノ・口座開設にかかる期間

ほぼどこの大手取引所も同じだと思いますが、口座開設に必要なものはざっと

・スマホ(PCメールアドレスなど)

・銀行口座(確認あり)

・身分証明書(アップロード)

・住所(確認通知ハガキ用)

の4点になります。当たり前ですがこれらの記入時、提出時に「ウソ」はつけません。つけたとしても「ウソ」の記入は絶対にやめましょう。犯罪になります。その他、入金時用にクレジットカードの登録などありますがそれらは自身で選択できますので、クレカの登録はちょっと・・・と思う方は登録しなくても大丈夫です。また、口座を開設したからといってすぐにビットコインを買えたりできるわけではありません(海外の取引所などは別)。本人確認など取引所の方で承認しなければならない事もありますので、口座を開設して通常通り使えるようになるまでには2日~5日程度かかると考えてください。「今すぐ!!今すぐやりたい!」とのお気持ちはわかりますが、焦らずべからずです。

 

さぁ、仮想通貨を買おう

取引所にはビットコイン以外にアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)などありますが、初心者の方は「よくわからないからまずはビットコインを買ってみようかな?」で全然大丈夫だと思います。ただ、ビットコインは必ず値上がるわけではないので注意してください。2017年12月7日で1ビットコイン170万円くらいですが、これが10万円に値下がり、100円に値下がり・・・といったこともあるかもしれません(恐怖)。ので、初めての方はまずは「0.01ビットコインを買ってみる。」といったところから始めて見るのが良いかもしれません。TVや雑誌でビットコインはかなり持ち上げられていて良い話ばかり聞きますが、勿論リスクもありますのでご注意ください。続きはまた後日書きますので、今回はこの辺で・・・。

ようこそ、仮想通貨の世界へ!!

 

※ビットコインは絶対に値上がる、儲かるなどの保証は出来ませんし、実際の銀行と同じで口座開設した業者が倒産、銀行強盗に合うといった事になる可能性もあります。そのあたりのリスクにつきましてはご自身て調査し、全てのリスクをご理解した上で仮想通貨をご購入ください。※

 

記事:清原・ビットコイン・一馬

コメントを書く